2011年12月30日

<北海道28日>遊軍からの報告。

遊軍チーム(食事やマネジメントなどの担当)ボランティアスタッフののんからの報告です。


遊軍食事チームは、今日もみんなのご飯を作りました。
本日のおひるごはんは豚汁。
この豚汁は、お手伝い出来ていただいている藤田さんのご指導のもと、前日から仕込みをしたものです。
藤田さんは大沼でバルトという飲食店に勤めていらっしゃいますが、そこからみんなのご飯づくりのお手伝いに来てくださっています。

たくさんの野菜、たくさんのお肉、そして遊軍からの愛情がたっぷりつまった豚汁ができました。

お昼ご飯の時間、いつものように準備をして子どもたちを迎えました。
みんなもりもりご飯を食べてくれます。
食事をしている姿、みんなの笑顔、「ごちそうさまでした!」という声がとてもうれしく、私たちの力となっています。

今日のお昼ご飯がおわったあと、ひとりの男の子が「今日の豚汁、北海道に来て一番おいしかった!」と言ってくれました。
とてもうれしかったです!!本当に作って良かったと思いました。

私たちは直接、子どもたちとかかわることは少ないですが、食事を通じてみんなのパワーになれているのかな、と思った瞬間でした。

明日からも美味しいご飯を作って、みんなのパワーになれたらと思います。
posted by ふくしまキッズ at 02:39| Comment(0) | 2011・冬(北海道・横浜・道後)>北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<北海道>想い出アルバム〜勉強編〜

遊ぶときは遊ぶ。勉強するときは勉強する。【メリハリ】もふくしまキッズ北海道冬のプログラムのテーマです。
ボランティアスタッフの多くは大学生。
家庭教師にはぴったりなのです。

2011-12-25_09-26-50.jpg

2011-12-25_09-26-58.jpg

2011-12-25_09-28-33.jpg

2011-12-25_09-33-41.jpg

2011-12-25_09-34-49.jpg

2011-12-25_09-40-20.jpg

2011-12-25_09-58-03.jpg

2011-12-26_09-52-46.jpg

2011-12-26_10-00-40.jpg

2011-12-26_10-02-13.jpg

2011-12-25_09-39-14.jpg
posted by ふくしまキッズ at 02:26| Comment(2) | 2011・冬(北海道・横浜・道後)>北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<北海道28〜29日>20年後、また会いたい。

28日の午後から子どもたちは函館方面・七飯方面・松前方面に分かれて民泊に出かけていきました。
キャンプとは違う、いつもの生活に近い環境に身を置くことで心のリラックスとリフレッシュをはかります。
P1090037.JPG

とはいっても、なんでも好き勝手にしていいわけではありません。
民泊出発を前に民泊の掟が発表されました。

其の一.郷に入っては郷に従え
其の二.いただいた食事は残さず食べる
其の三.自分のことは自分でやる

この3つの掟を携えていってらっしゃい、と送り出したのであります。
P1090029.JPG

各ご家庭で一夜を過ごし帰ってきた子どもたち。
みんなの顔を見るとリラックスできて楽しかった!ということがよく伝わってきました。
民泊を体験した子どもたちがどんな様子で過ごしていたか、子どもたちにインタビューしてみました。

ご飯は各ご家庭さまざまで、手作りのピザを食べた!とかお昼ご飯はラーメンだった!という声が。
中にはケーキを一緒に作ったという子もいました。

生活の面では、外で雪遊びをしたり温泉に行ったりしたそうです。
松前方面に行った子は「松前温泉は熱かった!」と一言。

子どもたちが携えていった感謝状と面白賞状をホストファミリーの方と交換したり、一緒に撮った写真をラミネートして持たせてくださったご家庭もあったそうです。

何がいちばんおもしろかった?と尋ねると「犬と一緒に散歩に行ったこと」とか「おうちのお子さんと一緒にウノで遊んだこと」とか。
(でも、一番多かったのは「テレビが見れたこと」だったかもしれません)

帰ってくるなり「あぁ、帰ってきたくなかった…」と肩を落とす子どもがいたくらい民泊という経験は子どもたちにとって、とてもエキサイティングな体験だったようです。
IMG_3452.JPG

松前班は松前にて対面式・さよならの会をおこなって、流山温泉にいるみんなと合流という形をとっておりました。
PC290181.JPG

PC290194.JPG

PC290197.JPG

帰り来て、今日のふくしまキッズ北海道プログラム交流忘年会にはお世話になったホストファミリーの方々をご招待いたしました。
P1090102.JPG

一緒に食事をしながら子どもたちの様子をおうかがいしたのですが、どの方とお話しさせていただいても、かけていただいたのは「本当に楽しかったです。また次の機会にもぜひお手伝いさせてください」とのお言葉でした。

「民泊を受け入れて、こちらのほうが学ばせてもらうことがたくさんありました。子どもたちもみんな良い子で、本当に楽しい時間を過ごさせていただきました」とおっしゃってくださった方。

「私があと20年、生きていられたらまたこの子にお会いしたい。どんな青年になっているのか、成長した彼らに私は会いたいと思いました」とおっしゃってくださった方。

いただいたどの言葉にも子どもたちへの愛情がこもっていて、感謝の気持ちで胸がいっぱいになりました。
こうした活動は地域の方々のご理解・ご協力なくしては成立いたしません。
その中でこのような温かいお言葉をかけていただきましたこと、本当に心強く思います。
子どもたちを受け入れていただいたことに改めて心からお礼を申し上げます。
本当にありがとうございます。
そして、またこれからもどうぞよろしくお願いいたします。

交流会も終盤。
そろそろお別れの時間となったとき、それまで元気に話をしていた子どもたちが数人、ぽろぽろと涙をこぼしはじめました。
お世話になったホストファミリーの方との別れが寂しくて溢れた涙でした。
「また必ず遊びにおいでね。今度はお父さんやお母さん、家族みんな連れてきていいからね」とやさしい言葉をかけていただいたこと、子どもたちは忘れないと思います。

北海道に福島の子どもたちの帰る場所ができました。
P1090110.JPG
posted by ふくしまキッズ at 02:12| Comment(4) | 2011・冬(北海道・横浜・道後)>北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
//20111209追加 //20111209追加end
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。