2011年12月30日

<北海道30日>旅立ちの朝〜大沼・小沼チーム編〜

12月30日の朝を迎えました。
年の瀬も押し迫り、気が付けば明日は大みそか。
2011年が幕を閉じ、新しい一年が始まります。

流山温泉に宿泊している大沼・小沼チームは朝6時に起床。
眠い目をこすりながら身支度を整え、7時に今回の旅で遊軍チームが作ってくれる最後の食事をとりました。
食器を片づけて大きな声で「ごちそうさまでした!」とあいさつをしていく子どもたち。
ふくしまキッズ初日に比べて随分たくましくなったと感じています。

使った寝袋や自分の荷物を片付けて、8時には体験棟にて出発式を行いました。
うえだんなからのあいさつの中では、帰るまでにやる宿題が一つ出されています。
「このふくしまキッズの旅で、おみやげ話として持って帰るものベスト3を帰るまでの電車の中で決めておいてください」
雪遊び、リフレッシュプログラム、ホームステイ。
みんなの頭の中にはどんなことが思い浮かんでいるのでしょうか。
P1090128.JPG

各チームのボランティアリーダーとディレクターが最後に一言ずつ子どもたちにメッセージを送りました。
P1090131.JPG

お家まで送る荷物を置き、出発前の記念写真。
晴れて澄み切った空気の中、駒ケ岳を背に「大沼、サイコーっ!!」
P1090134.JPG

電車が来るのを待ちます。
P1090137.JPG

気温マイナス13度とジンジンする寒さの中ですが、子どもたちは元気です。
P1090138.JPG

電車がやってきました。
P1090140.JPG

引率の者と子どもたちが次々に乗り込みます。
DSC_0245.JPG

1週間、子どもたちにいちばん近いところで過ごしてきたボランティアスタッフの目には光るものがありました。
全員が無事に乗り込み、電車はゆっくりと走り始めます。
P1090142.JPG

まっすぐ続く線路の上を電車は進んでいきます。
車窓から車内で手を振る子どもたちの姿が見えました。
それに応えるようにスタッフもまたしばらく電車に向かって手を振り続けました。
DSC_0305.JPG

郡山チームも福島チームも予定到着時刻は15時半前後.
長い旅です。
どうか全員無事に元気におうちに帰りつくよう祈るばかりです。
posted by ふくしまキッズ at 09:59| Comment(2) | 2011・冬(北海道・横浜・道後)>北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<北海道29日>ふくしまキッズ交流忘年会。

民泊から帰った子どもたちは、その後、婦人会館という施設へ移動しふくしまキッズ交流忘年会に向かいました。
また来年もきっとふくしまキッズは続いていくので、今日はお別れ会ではなく忘年会も兼ねた交流会という形にしました。

このふくしまキッズ冬プログラムの総括・プロデューサーであるNPO法人ねおすの上田より開会のあいさつがありました。
ご協力をいただいたすべてのみなさまへの感謝を改めてお伝えさせていただきました。
P1090058.JPG

それから、ふくしまキッズ冬のプログラムin北海道の修了証書が各チームの代表の子どもに手渡されました。

次に、この1週間を振り返るスライドをみんなで見ました。
遊軍チームのボランティアスタッフ・みやさんが自分の仕事の合間をぬってこの時のために作ってくれたものです。
この1週間で撮られた写真2000枚以上。
その中からほんの一部ですが、活動の様子を切り取った写真をみんなで観賞。
あんなこともあった、こんなこともあった…たった1週間のことなのに、あれもこれもといろんな記憶がよみがえります。
P1090073.JPG

その後、各チームに分かれて冬のプログラムの修了証書がチームディレクターによって子どもたちに手渡されました。
P1090082.JPG

P1090076.JPG

P1090075.JPG

P1090074.JPG

この1週間の思い出を一人一言コメントをもらうチームもあれば、全体で共有するチームもありました。
P1090087.JPG

さて、ここからはお待ちかねのご飯タイム!
今日も遊軍のみなさんが一生懸命に作ってくれました。
ジャガイモのグラタンです。
(ちなみに、これは私の実家の畑で採れたジャガイモさんたちです。紫色や赤いのも入っていました)
P1090065.JPG

ディレクターや子どもの活動に付いているボランティアスタッフが、安心して子どもたちの活動に集中できるのは、遊軍チームがフォロワーとして活躍してくれたおかげです。
食事の準備や掃除など、あまり表立っては見えない部分ではあったかもしれません。
しかし、こうした活動を支える土台がいかにしっかり機能しているかで、子どもたちの活動の質が格段に変わってくるのです。
今回の活動では子どもたちの心と体のエネルギーを満タンにする食事を一生懸命準備してくれました。
役割は違えど、子どもたちが元気にのびのびとたくさん遊べる環境を作り出そう、という目的を同じくする仲間として一緒に活動できたことをとても幸せに感じています。
子どもたちからも1週間の感謝の気持ちを込めて遊軍のみなさんに「ありがとう!」の言葉が送られました。
P1090089.JPG

大沼ふるさとの森自然学校がある地域の若松町内会長さまの音頭で乾杯し、交流忘年会がスタート。
P1090097.JPG

前日からお世話になったホストファミリーのみなさんもいらっしゃてくださいました。
一緒に食事を楽しみました。
P1090105.JPG

P1090098.JPG

P1090110.JPG

最後に、チームごとで歌詞を考えたふくしまキッズ冬のプログラムin北海道オリジナルソングを替え歌にして、各チームで発表。
大沼の自然、冬のプログラムに参加して楽しかった遊び、美味しかったご飯を題材に、各チームの個性がひかる作品となりました。
P1090108.JPG

P1090109.JPG

これにて交流忘年会は終了。
みんなで片づけをして、流山温泉に宿泊予定の子どもたちはバスに乗り込みました。
実は、なんとこの交流忘年会の場をもってふくしまキッズに参加した子ども・スタッフ全員が集まれる機会はこれが最後。

明日は駒ケ岳・じゅんさい沼チームは9時45分に大沼公園駅から、大沼・小沼チームは8時49分に流山温泉駅からそれぞれ電車に乗って帰路につきます。
posted by ふくしまキッズ at 04:32| Comment(0) | 2011・冬(北海道・横浜・道後)>北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<北海道29日>お風呂、いただきます。

ふくしまキッズin北海道の子どもたちは、流山温泉という温泉でお風呂をいただいております。
2日目から使わせていただいているのですが、お風呂に入りに行くときのご挨拶をスタッフからおそわりました。
「お風呂に入るときは“お風呂いただきます!”。お風呂からあがるときは“お風呂いただきました”って言うんだぞ。」

最初はなかなか言えなかった子どもたち。
でも、今日、お風呂に入りにやってきた子どもたちは違いました。
「お風呂いただきます!!」と元気よく挨拶をし、出るときには「お風呂いただきました!!」とこれまた元気よくお礼を言って各部屋に戻っていきます。
その声は玄関から少し離れた本部(私がブログを書いているスペース)にも届いてきました。
元気にあいさつができるようになった。
そんなささいなことですが、私たちスタッフには本当にうれしい瞬間なのです。
P1090111.JPG
posted by ふくしまキッズ at 02:52| Comment(3) | 2011・冬(北海道・横浜・道後)>北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
//20111209追加 //20111209追加end
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。