2012年06月06日

オーストラリアからご支援をお寄せいただきました。

ふくしまキッズ事務局です。
オーストラリアからふくしまキッズにご支援をいただきました!

6/5(火)、福島の飯坂学習センターでの授与式の様子。写真家Luke O'Brienさんご夫婦と、進士徹委員長です。
0605.JPG


オーストラリア・タスマニア州にお住まいの写真家Luke O'Brienさんが、震災後の東北の様子を撮影し開催された写真展の収益の一部と、Australia Japan Society(AJS) Tasmaniaが集めてくださった募金が今回のご支援につながりました。
Luke O'Brienさんの東北写真展についてはこちらでご紹介されています。
東日本大震災で被災された方たちに役立てて欲しい、とリサーチしていただいた中、ふくしまキッズへのご寄付を決めてくださったそうです。
0605_2.JPG
ありがとうございました!!


Australia Japan Society(AJS) Tasmaniaより、ふくしまキッズへのお手紙をいただきましたので、ご紹介させていただきます。
0605手紙.png


英文訳:
豪日協会(タスマニア)は、ふくしまキッズ実行委員会を介して東北大震災の被災者の支援をする目的でルーク・オブライアンさん、みどりさんご夫妻を迎えることを感謝しています。ご夫妻は、当協会のメンバーで、ルークさんは委員会のメンバーです。
豪日協会(タスマニア)は、東北大震災の被災者の支援やケアをする援助のために、ふくしまキッズの活動に5,000豪ドル相当を提供する許可を特別に与えられました。
募金は、災害発生後12ヶ月に渡って協会により集められました。
プロジェクトを支持する募金は、タスマニアの各地で多くの支援者により受理されました。
支援者としては、私たちの努力にたいし少額・多額にかかわらず支持してくださった個人、組織、学校および政府機関でした。最も重要な募金集めの活動の2つは、ルーク・オブライアンさん、みどりさんご夫妻が2011年11月に主催した写真展の日本大地震2011年「生活の立て直し」と豪日協会(タスマニア)からの現金による募金でした。
東北地域の人々の深刻なニーズに対しては少額ですが、この募金をふくしまキッズ実行委員会に受理していただけて光栄に思います。
この少額の募金を通じて、当協会は将来小さいながらもあなたの団体を援助するのに貢献できることを願っています。



もちろん、今回のご支援以外にもふくしまキッズは日本の国内外からご支援をお寄せいただいています。
個人の方、団体のみなさま、多くの人たちが「福島のこどものために」と、活動にご協力をいただいています。この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございます。
posted by ふくしまキッズ at 12:38| Comment(0) | information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月05日

応援のメッセージをいただきました!

ふくしまキッズ事務局です。

埼玉県の朝霞市立第五小学校の子どもたちとPTAの皆様が、
空き缶集めやバザーを行った収益をふくしまキッズへ寄付して下さいましたNEW

さらに、福島の子どもたちへ、温かい応援のメッセージをいただきましたexclamation×2
ぜひ多くの方にご覧いただきたいと思いますので
ブログにてご紹介させていただきます。


↓クリックすると大きくなります
ふくしまのお友達へ1.png

ふくしまのお友達へ2.png

ふくしまのお友達へ3.png

ふくしまのお友達へ4.png

ふくしまのお友達へ5.png


活動内容の報告書もいただきました。
NEWS.png


チャイルドラインさんが、ふくしまキッズの活動を朝霞市立第五小学校PTAの皆様へ
ご紹介いただいたところから今回のご支援・応援メッセージをいただくに繋がりました。


ふくしまキッズはこのように、
多くの皆様からのご支援で成り立っています。
今後とも活動を温かく見守りくださいます様お願い申し上げます。
posted by ふくしまキッズ at 15:33| Comment(0) | information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月01日

「春のプログラム」の募集がはじまりました!

socc_DSC0296.jpg

こんにちは。ふくしまキッズ「冬のプログラム」に引き続き春も事務局を担当している子どもを守ろうプロジェクト協議会です。

本日2月1日10:00、予定通り「春のプログラム」の募集を開始致しました。
今季は北海道、信州塩尻、飛騨高山、三浦半島の4地域で活動します。
続々と申込が来ています。楽しみにしてくれていることを実感する瞬間です。

子どもたちの「笑顔」や「これから」を思い浮かべながら、事務局では受け入れの準備に昼夜取り組んでいるところです

- プログラムについての詳しい内容はこちら -

posted by ふくしまキッズ at 18:42| Comment(3) | information | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
//20111209追加 //20111209追加end
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。