2011年08月22日

大樹町の人たちとともに

大樹町には、STEPという、今回のふくしまキッズのように
子どもたちの宿泊学習や修学旅行を受け入れ、
活動や宿泊先を提供する協議会があります。

大きなホテルを作るわけでもなく、遊園地をつくるわけでもない、
今大樹町にあるものを、うまく他の町から来た子どもたちやツーリストに
楽しんでもらう、という思いであれこれやってます。

だから、今回子どもたちが楽しんでいる活動も、
大樹町ならではのコンテンツが揃います。

牛が1000頭いるメガファームで、子牛をちょっと触らせてもらったり。

P8210378-s.JPG P8210376-s.JPG

北海道一おいしい牛乳やチーズを作っているファームで、
ソフトクリームを食べたり。

P8210379-s.JPG

大樹発祥のスポーツ「ミニバレー」。アサレンやってます。
地域の子たちと試合をするのです。

P8210374-s.JPG

JAXAが関わる広大な航空公園の滑走路を使って
ペットボトルロケットを飛ばしたり。
どこまで飛ばしても、電線に引っ掛かるとか、
そういうことはありません。

こんな感じで、どの活動にも、大樹で働いている普通の人たちが
普通にかかわってくれます。
っていうか、みんなが来ることをとても楽しみにしているのです。

だから、夜も、町の人が「キャンプファイヤーでもやったらいいべや」と
突然、巨大な、ホントに巨大なキャンプファイヤー用のやぐらが組まれていた!!
しかも、カニをゆでるための巨大な釜が設置されており、
巨大な火を焚いても効率よく片づけられるようにシステム化されている!
しかも、牧草ロールを運ぶ巨大なフォークリフトで普通に運ばれてきた!!

30年ぐらい前、よく少年○○の家とか青年団とかでなされていた、
あの業火とも揶揄される、恐ろしくもどこか懐かしいキャンプファイヤーが
なされることになりました。

こんなでっかかったら、熱くてキャンプファイヤーどころじゃないっしょ…。
火、囲めませんから…。
と、まあたまにはそんなこともありますが、
巨大な火よりもアツイ、町の人たちのおもてなしです。
その心意気を受けないわけがありません。
だからやりましたよ、正統派キャンプファイヤー。

P1000092-s.JPG

まるく囲めませんので、
火を横目で見ながら、横から明かりを当ててもらう感じで
大声で歌いまくってました。

ということで、
子どもたちも大人たちも、4週目という
クライマックスゾーンに入っています。
ここまで大きなけがや、「これは僕らの手に負えない」というような
深刻なことには巻き込まれないで来ています。
ミーティングをしっかり行い、うまくやっていきたいと思います。
posted by ふくしまキッズ at 08:50| Comment(1) | 2011・夏(北海道)>むかわ町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月21日

大樹校・ひろい十勝でのんびりと

大樹での生活が始まりました。
学校ですから、落ち着いて宿題をやるための環境はばっちり揃っています。

P8200356-s.JPG

っていうか、宿題をやれない理由がないっていうか、さぼれないっていうか…。
ぼくたちは、「宿題をやる時間と環境」を準備することはできますけど、
やるかどうかは、子どもたちが決めることだと思っています。
みんな、うまくやっていると思います。

自宅から届いた手紙も、こんな時間に渡されます。照れ臭そうに読んでます。

P8200350-s.JPG

昼からは、大樹ならではののんびり選択プログラムが始まります。
なんと、学校のすぐ隣に、ものすごく美しい小川が流れています。

_DSC4691.jpg P8200477-s.JPG

この旅の中でついに出ましたたき火。ひろいグランドの真ん中で。

P8200363-s.JPG

あとは、浜辺であそんで歩いて帰ってくる(実は海が近い)、とか
牛舎に行って牛をみてくる、とか、そんな感じの
学校周辺で出来る遊びを展開しました。

お風呂は、車で温泉に入りにいきます。
「晩成温泉」「忠類ナウマン温泉」どちらもナイスネーミングな
温泉に、分かれて入りにいきます。

途中、タンチョウのつがいが2組。写真は無理だ〜

P8200368-s.JPG

ふと外を見れば、本当に手つかずな風景、あるいは広大な畑が広がるのが
十勝の魅力です。
でも、バスのゆれは、やっぱり気持ちいいですよ。

P8200367-s.JPG

晩御飯は、地元の漁協の皆さんが作ってくれました。
子どもたちも手伝います。

P8200360-s.JPG

もう秋ですね。今年のサケ(アキアジ)のフライ、ツブ(貝です)、イカ刺し、
そんなラインナップです。だんだん食が太くなってきた子どもは
たくさん食べてました。

P1000034-s.JPG P8200345-s.JPG P8200346-s.JPG P8200347-s.JPG

お、余ったイカを使って塩辛作ってますよ!

P1000037-s.JPG

子どもたちは、長旅が続いていますが、
大丈夫、このコミュニティーの中でちゃんと生活しています。
posted by ふくしまキッズ at 07:15| Comment(1) | 2011・夏(北海道)>むかわ町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月20日

大樹校・学校ってすごいんです

弟子屈校での活動を終え、一団は十勝の大樹町を目指します。

10時に出て、ついたのは16時だから、実に6時間のドライブですね。
釧路湿原を抜け(途中にタンチョウがいたが、みんなは気づいたかなあ)、
海沿いの原野を抜けて、日本の穀倉庫・十勝を目指します。

ついたのは、こんな門構えの小学校です。

P8200339-s.JPG

畑のど真ん中、牛舎が隣にある、今年の3月まで普通に小学校として
使われていた施設です。なので、とってもきれいです。

とにかくグランドが広いです。中学生は部活と称して、ダッシュをしておりました。

P8190330-s.JPG

ミーティングスペースは、宿題スペースにする予定です。

P8200337-s.JPG

合宿なので、家庭科室でみんなで食事を作ります。

P8200336-s.JPG

体育館は、子どもたちにとってもうれしいスペースですね。

P8200338-s.JPG

しかし、今の子どもたちに一番の人気は、図書室と、ピアノです。

P8200334-s.JPG

あれだけ動きまわっていた子が、じっと黙って本を読んでます。
ピアノが上手に弾ける子の周りに、みんなが集まって、音楽を楽しんでいます。

そう、子どもたちはここまでどんどんと体を動かし、
いろんな人と会って楽しむという、
どちらかというとアアウトプットタイプの遊びをしてきました。
それはそれでとっても楽しいのですが、
そうすると、子どもたちの心は乾いたスポンジのように
より様々な刺激を欲するようになります。

そこに、「本」「音楽」という、
先人が作り上げた、文化、という「知恵の結晶」は
ものすごくしみ込む、というか、体に効く、というような気がするんですよね。

だから、よく「読書離れ」とか「音楽の授業はつまんない」とか
「理科離れ」っていうけど、
それってなんか、インプットの方法次第なんじゃないかなあ、
と感じたりしていました。

とにかく、学校って、実はものすご〜くよくできている、
本当に子どもたちのことを考え抜いて作られている、
ということが実感できました。

さて、この大樹校では、何が始まるんでしょうかね?

posted by ふくしまキッズ at 07:16| Comment(0) | 2011・夏(北海道)>むかわ町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
//20111209追加 //20111209追加end
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。