2012年03月26日

北海道プログラムよりご挨拶

各位

ふくしまキッズ春のプログラム・北海道 受け入れ総括の上田です。
「春」といいながら、大沼はまだまだ深い雪に閉ざされております。
が一方、小鳥がさえずり始め、ハンノキの芽が動き始め、
イタヤカエデの樹液が採れ始めています。
昨日からやってきた子どもたちは、そんな冬と春の間を迎えた
駒ケ岳のふもとで元気いっぱい遊んでいます。

***

今回の春のプログラムに参加を決意してくださった保護者の皆様、
さまざまな支援をしてくださった皆様、
実行委員、事務局の皆様、
忙しい中、現場に時間とアクションを提供してくれたボランティアの皆様、
このたびも、開催にむけ
多大なご支援をお届けいただき
本当にありがとうございました。
スタッフも、子どもたちも
その支援を体全体で受け止め、それを自分の「力」に変えています。

今回は、「フィールドトリップ」という
子どもたちだけで考えて旅に出る、というプログラムを企画しています。
旅に行くための準備、切符の手配といったところから
旅先での受け入れなど、
皆様よりさらなる支援をいただくこととなります。
いろいろとご迷惑をおかけすることがあるかもしれませんが、
ひとつよろしくお願いいたします。

***

窓から子どもたちの様子が見えます。
雪の中での「全開遊び」というウォーミングアップを済んだようですね。
たくさん動き、たくさん走って、たくさんおしゃべりをして、たくさん遊んで…。
凛とした大沼の冷たい空気を体中に巡らせ、
さあ、リフレッシュ完了、というところでしょうか。

事務所では、昼からのフィールドトリップのディレクション準備が
綿密に進められています。
スタッフも気力体力が充実してます。

ここからが、みんなとの濃密な時間の始まりです。
応援よろしくお願いいたします!




posted by ふくしまキッズ at 11:35| Comment(0) | 2011・冬(北海道・横浜・道後)>北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
//20111209追加 //20111209追加end
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。