2011年08月30日

ふくしまに戻りました。委員長・進士

あぶくまに帰って来ました・・・
ぽんた学長です。
北海道から無事にあぶくまに戻って来ました。

今日の朝8時まで大沼に居たのです。それが今はあぶくまに・・・不思議な感じです。
34泊35日のふくしまキッズ!!無事に終了しました。


今朝の駒ヶ岳・・・くっきり見えて、今までの、ふくしまキッズの活動をたたえてくれたような気がします手


支えてくれた学生リーダー達です。


新幹線の中では、福島駅で別れる寸前・・・別れを惜しむ声、声、声、声・・・乗客の方に迷惑をかけてしまうくらいでしたが、それくらい子どもの絆は深まったのです。


郡山駅で別れを惜しむ子どもー号泣でした。
私はお父さん、お母さんに伝えました。
ふくしまキッズの活動は今後も続ける気持ちです。
広げるのは私ではなく、今度はお父さん、お母さん達です。ふくしまキッズに参加したわが子が、こんなに成長しました!!!と社会に伝えてください。・・・と

学生にも同じ事をお願いしました。素晴らしい学生に囲まれました。ぽんたは幸せです。

明日は、少しのんびりさせてもらいます。
多くのふくしまキッズを支えてくれた方々、応援してくれた方々、みんなに感謝です。
そして主役である子ども達に大きな拍手を送りたいです。
この記事へのコメント
ポンタさん、ビルマさん、ボランティアの学生のみなさん、多くの協力者のみなさんお疲れ様でした。本当に長い間いろんな事がありたいへんだったと思います。私は、8日間コースだったのですがいろんな体験をさせていただきました。子供たちが頑張る姿、親の思い、人との出会い、本当に貴重な日々でした。ありがとうございました。みなさんにまた会える日まで、がんばっていきたいと思います。
Posted by 渡辺 千代子 at 2011年08月30日 16:39
ポンタさん、良かったですね。子どもたちの幸せのために寂しさを心の奥にしまいこんだお母さん、お父さんたち、時に甘え、わがままも言い、けんかもしながらも、1週間ごとの別れと出会いにじっと耐えていた子どもたち、誰かのために何かをしたいという真心そのままに行動してくれた学生たち。そうした心にしたがって私たちの社会をもう一度つくりなおすことができたら。ふくしまキッズをお手伝いしながら、私自身の覚悟を問われていることを知りました。
Posted by 前田和司 at 2011年08月30日 23:03
Aー4でお世話になった娘たちが帰ってきて10日がたちましたが、今でも毎日のようにふくしまキッズの話題が出てきて、私達も楽しませてもらっています。北海道での貴重な体験を、心と体にしっかりと刻み込んできたのでしょうね。
また我慢を強いられる日常に戻ってしまいましたが、この夏の思い出と次のふくしまキッズへの期待を胸に、二学期も子供達は頑張れると思います。
ぽんたさんをはじめ、本部スタッフの皆さん、リーダーさん達、受け入れてくださった地域の方々、それから直接子供たちと接する事はなくても支えて下さったすべての方々に感謝の気持ちで一杯です。本当にありがとうございました。
Posted by りょうこママ at 2011年08月31日 01:38
千代子ままーーーコメントありがとうございます。
振り返るとあっという間でした。
北海道の地域の方々に包まれながらの活動でした。ふくしまキッズ=しあわせキッズ・・・いづれジャパンキッスに育てあげたいです。応援よろしくお願いします。




前田先生ーーー北海道教育大学のレベルの高さに敬意を表します。さきを見据えて動ける!!これは素晴らしいです。
将来は教員を目指します!!という学生にとって、別れ際に子供たちからも沢山元気をもらった・・・と
関わるすべてのひとにプラスであって欲しい!そう感じました。




りょうこママーーーわーありがとうございます。北海道で過ごした1日、1日ノ積み重ねがきっと放射能も吹き飛ばすくらいの元気を充電できたと思います。
私も県内で一緒です。共に生きる身です。
少しでも子供にプラスになることをこれからも具現化していきたい!!また応援してください。
Posted by ぽんた委員長 at 2011年08月31日 11:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
//20111209追加 //20111209追加end
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。