2012年03月24日

明日からふくしまキッズ春プログラム

ぽんた委員長です。
明日からいよいよ春休みのふくしまキッズが始まります。
北海道・信州塩尻。三浦
29日から飛騨高山。4箇所での受け入れです。

福島の状態は何ら変わることなく放射線の心配は変わりません。
だいぶその放射線にももういいタイプと、受け入れながらうまく怖がる派とあるような気がします。

しかしながらどのタイプにせよ、子どもの命を守り育てる事を思うと、今は心ある私達民間人が
つながり続けることが大切であると思います。
受入地では行政、教育機関、民間の方々が本当に心から福島の状態を心配して、少しでも心が休むように、
少しでも心がうきうきするように、思いきり野外で活動出来るように・・・食事のことも・・細部のことも全て連携をとりながら
進めてくれています。
ありがたいです。
また多くの支援金を原発事故から時期が過ぎていても、多く寄せて頂けていることに感謝申しあげます。

日赤の義援金は、被災した3県の子ども達にこの夏に3000人の2泊3日の北海道プログラムを実施する為のエージョンと入札に・・・という情報です。
結局大都市にそのお金が流れる・・・それで良いのでしょうか!!
それは本当に生きた義援金になるのでしょうか!!疑問です。
福島県の状況はさらに複雑化しています。

ふくしまキッズは、福島でおきた事は残念な事、それをバネに次の福島を心ある、誇れる県に創る子ども達の笑顔と元気を応援する活動です。
そして子どもの命を守り育てる!!そこはぶれることはありません。
また引き受け地を増やすことで、福島に対する偏見を無くしたい。
福島の子どもと交流することで、友情も生まれることでしょう。
心豊かに、そして品格をもって成長して欲しいと心から願っている活動です。
多くの人が心を寄せて、良い日本にしたいです。

福島の子ども達は、平和親善太子です。
受け地には、子ども親書を持参します。
その親書を読み,聞いた人はどう感じる事でしょうか!
心が動くはずです。
どうぞこの春休みの期間、子ども達が思いきり活動出来、子どもらしさを取り戻せるように、皆さん祈って下さい。
よろしくお願いします。
そしてエールをお願いします。

信州塩尻プログラム、いよいよ明日から!

ふくしまキッズ(春)信州塩尻プログラムのバス運行状況、明日からこのページにて随時報告して行きます!

みんな元気にしてるかな〜!?
明日会えるのを楽しみにしています(^^)/

信州塩尻プログラムバス担当
角田 翔
//20111209追加 //20111209追加end
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。