2011年12月22日

道産米をいただきました。「冬のプログラム」へのご支援

いぶり地方の皆さまよりお米のご支援を頂きました。ありがとうございます。

ae5d94b9f8a87f4478632935adc33c4e.jpg
苫小牧・ひかりの国幼稚園にて、
「森っこクラブ」という活動をお手伝いさせていただいております。
その参加者のお母さん方に、
「ふくしまキッズで、道産米の寄附を募っています」
とお伝えしたところ、30キロを寄附して下さいました!
美唄の花井ファーム様で作られた「おぼろづき」というお米です。

さらに、幼稚園の園長先生も、
「ななつぼし」を30キロ寄附して下さいました!
385af048ea623aac46010162dda3f360.jpg



さらにさらに、
むかわ町穂別の「Moo-River♡逢いに来たら協議会」の
農家のお母さんたちも、30キロ寄附して下さいました!
おそらく「雪瑞穂」という穂別産のお米だと思います。
てぎょんが、運んで来てくれるはずです。
(写真は後日)

あわせて90キロ。
いぶりの皆様のおかげで、なんと目標キロ数を達成してしまいました!

ずっしりと重たいお米です。
お母さんたちが少しずつお金を出しあって、
あるいは家の備蓄米を出しあって
私たちを信じて、もたせてくれたものです。

ぐっときます。腕にも、腰にも、心にも。

みんな、福島の子たちのために、何かしてあげたい。
でも、自分が直接何かするのは、ちょっと大変。
だから、ぼくたちみたいに「動いて」いる者に思いを託す。
動いているぼくたちは、その思いをカタチに変える。

がんばろう。
がんばろう。


寄附していただいた皆様、本当にありがとうございます。
この場をお借りして、改めて感謝申し上げます。
責任を持って、福島の子たちに届けます。
その様子は、またご報告いたします。

posted by ふくしまキッズ at 15:22| Comment(3) | 2011・冬(北海道・横浜・道後)>北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
//20111209追加 //20111209追加end
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。