2011年08月22日

大樹でとことん遊ぶ

今日の午後は、大樹町の水辺に行ってあそびました。
どうも、とことん遊ぶっていうのが今回のテーマのようです。

一つ目は、歴舟川で砂金掘りです。

カッチャという道具で砂を掘り、

P8220383-s.JPG

ゆり板で砂を流し飛ばします。

P8220388-s.JPG

お、どうやら取れた模様。

P8220389-s.JPG

その様子を、地元のNHKに取材されておりました。

P8220390-s.JPG

GETした砂金は、フィルムケースに入れてお持ち帰りです。
今、金は1グラム4,600円だそうで。その万分の一ぐらいの価値はあるかなあ?

P8220394-s.JPG

もうひとつのとことんは、オイカマナイトーでカヌーです。
オイカマナイトー(生花苗湖)という巨大な湖というか沼は、
海のすぐわきにあります。
そこで、ガンガンカヌーを漕ぎます。

CIMG2258-s.JPG

今回はカヤックも登場してます。

CIMG2260-s.JPG CIMG2262-s.JPG

安全な水辺なので、子どもたちだけで漕いでも安心です。

CIMG2265-s.JPG 

まあ、こんな感じにもなりますわな。

CIMG2268-s.JPG

おっ、これはなんだ?

CIMG2271-s.JPG

なんとジェットスキーも登場しました!
ゴムボートを引っ張っています!

CIMG2274-s.JPG

それにしても、今回の活動は協議会の方に本当にお世話になっています。
少しでも砂金がとれるように、とっておきの場所から砂を掘り出し、
子どもたちに本当に親しげに声をかけてくれます。

P8220397-s.JPG

この方、役場の課長さんなんですが、4日間びっしりとぼくたちの活動に
張り付いてくださっています。
小さな町の役場っていうのは本当に忙しいのですが、
その中で本当に献身的に活動を提供してくださり、感謝の心でいっぱいです。

多くの方の、大樹を少しでも楽しんでほしい、という使命感と、
子どもたちに少しでもいい思い出を、という深い愛に包まれて
活動は展開されていきます。

大樹町ファイナルは、大樹漁港であがったサケを使ったチャンチャン焼きです。
北海道に来て、もう何度か食べてはいますが、
その土地で味付けや作り方が変わるので、やっぱりおいしいのです。

P8220402-s.JPG

ということで、今晩はパッキングナイト。
もう何度もやってますが、うまくできるんでしょうかね。
posted by ふくしまキッズ at 20:32| Comment(0) | 2011・夏(北海道)>むかわ町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大沼本部発:8,22大沼に子ども0人

大沼本部発、8,22
ぽんた委員長です。
大沼に子どもはいませんダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)稚内の旅コース&むかわ隊のふたてに分かれて活動していまするんるん
稚内の天候=良好という報告をもらっています。
カヌー&砂金掘り・・・ぽんた委員長の財布はいつもカラカラなのでもうやだ〜(悲しい顔)、砂金掘りをやりたいですわーい(嬉しい顔)

さて、本部をプリンスホテルから、流山活動センターに本格移動しましたグッド(上向き矢印)

連絡住所、電話については、参加要項のラストページに明記していますので参照ください。
〒番号041−1351 北海道亀田郡七飯町東大沼294−1
大沼ふるさとの森自然学校内 「ふくしまキッズ」
電話 0138−67−3777 

P1040565-2.jpg
忘れ物の山を整理しているところ・・・これは名前が明記して子どものお家に着払いで昨日発送させていただきました。
ご了承ください。
P1040567-2.jpg
流山温泉活動センター!!
P1040568-2.jpg
お洗濯&忘れ物の区分け発送
P1040569-2.jpg
少し息抜き・・・学生ボランテイアとピザ焼きをしましたわーい(嬉しい顔)手(チョキ)

24日午後には、稚内の旅から大沼に戻ってきます。
子ども達と流山温泉活動センターでまとめの活動に入ります。
明日はその準備・・・など!!
ぽんた委員長は、各方面にふくしまキッズを応援してくださった多くの方々へのお礼状!!
そして地域の方々へ直接お会いしてお礼を伝える計画です。
26日には、冬の企画会議・・・すでに動き始めています。
28日で終わりではありません。始まりなんです・・・子どもの命を守る。
笑顔と元気を応援する・・・そんな輪を少しでも広めたいと思います。

ふくしまキッズに参加したご家庭から、どんな協力のやり方がありますか!!じっとしていられません。とお電話をいただきました。
私は、ふくしまキッズの掲示版から、ニュースや新聞に載らない福島の現状、またどんな思いで子育てをしているのか!!悩みでも良いです。ありのままの声を社会に情報発信しましょう・・・決定
掲示版アドレスです。
http://yellow.candybox.to/kyoikushien-h/mkakikomitai/mkakikomitai.cgi

帰宅した子どもから手紙をもらいました・・・・とっても北海道夏季林間学校が楽しかった!この経験を大切に福島で元気に生きます・・・と嬉しい手紙でするんるん

稚内 旅

110822_124700.JPGこれからカヌ(川渡り)ー(o^-')b
楽しみもいれば恐怖心をもっている

稚内への旅:3日目 晴れ

110822_0700~0001-0001.jpg3日目、今日も予報が外れて快晴。暑くなりそうな…と言っても30℃には届きませんが…朝です。

昨晩は、晩ご飯後にみんな猛烈に興奮して騒いでいて、ちゃんと眠れるのか心配でしたが、消灯するとほとんどがすんなり布団に入り、眠りにつきました。

朝までグッスリ。安心しました。

今回の宿ですが、稚内市の南隣・豊富町にある「豊富町セミナーハウス」です。それほど新しい建物ではありませんが、清潔感のある素敵な施設です。
もちろん、貸切です。


さて、今日は「最北の自然で遊ぶ」です。

午前は浜頓別町で「砂金掘り体験」、午後は中頓別町で「リバーカヌー体験」です。

大樹町の人たちとともに

大樹町には、STEPという、今回のふくしまキッズのように
子どもたちの宿泊学習や修学旅行を受け入れ、
活動や宿泊先を提供する協議会があります。

大きなホテルを作るわけでもなく、遊園地をつくるわけでもない、
今大樹町にあるものを、うまく他の町から来た子どもたちやツーリストに
楽しんでもらう、という思いであれこれやってます。

だから、今回子どもたちが楽しんでいる活動も、
大樹町ならではのコンテンツが揃います。

牛が1000頭いるメガファームで、子牛をちょっと触らせてもらったり。

P8210378-s.JPG P8210376-s.JPG

北海道一おいしい牛乳やチーズを作っているファームで、
ソフトクリームを食べたり。

P8210379-s.JPG

大樹発祥のスポーツ「ミニバレー」。アサレンやってます。
地域の子たちと試合をするのです。

P8210374-s.JPG

JAXAが関わる広大な航空公園の滑走路を使って
ペットボトルロケットを飛ばしたり。
どこまで飛ばしても、電線に引っ掛かるとか、
そういうことはありません。

こんな感じで、どの活動にも、大樹で働いている普通の人たちが
普通にかかわってくれます。
っていうか、みんなが来ることをとても楽しみにしているのです。

だから、夜も、町の人が「キャンプファイヤーでもやったらいいべや」と
突然、巨大な、ホントに巨大なキャンプファイヤー用のやぐらが組まれていた!!
しかも、カニをゆでるための巨大な釜が設置されており、
巨大な火を焚いても効率よく片づけられるようにシステム化されている!
しかも、牧草ロールを運ぶ巨大なフォークリフトで普通に運ばれてきた!!

30年ぐらい前、よく少年○○の家とか青年団とかでなされていた、
あの業火とも揶揄される、恐ろしくもどこか懐かしいキャンプファイヤーが
なされることになりました。

こんなでっかかったら、熱くてキャンプファイヤーどころじゃないっしょ…。
火、囲めませんから…。
と、まあたまにはそんなこともありますが、
巨大な火よりもアツイ、町の人たちのおもてなしです。
その心意気を受けないわけがありません。
だからやりましたよ、正統派キャンプファイヤー。

P1000092-s.JPG

まるく囲めませんので、
火を横目で見ながら、横から明かりを当ててもらう感じで
大声で歌いまくってました。

ということで、
子どもたちも大人たちも、4週目という
クライマックスゾーンに入っています。
ここまで大きなけがや、「これは僕らの手に負えない」というような
深刻なことには巻き込まれないで来ています。
ミーティングをしっかり行い、うまくやっていきたいと思います。
posted by ふくしまキッズ at 08:50| Comment(1) | 2011・夏(北海道)>むかわ町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稚内朝ごはん

DVC00569.jpgDVC00097.jpg今日は砂金掘りとカヌーをやります☆

稚内への旅:2日目 最北端へ

110821_1502~0001-0001.jpg絶景トレッキング後は、のんびりバス観光。最北端の地・宗谷岬を目指しました。

まず、宗谷丘陵で日本離れした丘の続く地形とそこ広がる牧場、そこに立つ57機の大規模風力発電所を眺め、いよいよ最北端へ…。

宗谷岬では、最北端の碑で記念撮影をし、最北の海にも触れました。

これで、今回の目的のひとつ「最北端に到達する」は果たしました。

明日は「最北の自然で遊ぶ」です。楽しみです!
//20111209追加 //20111209追加end
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。