2011年08月20日

no-title

DVC00561.jpgあと1時間後に消灯です。

稚内への旅:1日目 出発

いよいよ、稚内への旅がスタートしました。

題して「北の果てまで乗ってGO〜お座敷列車で行く北の終着駅・稚内 自然と遊びの旅〜」です。

今日は終日移動日。まずは札幌までやって来ました。バスで6時間の旅…途中休憩はしていますが、さすがに子ども達は飽きた様子。当然ですよね。

しかし、長旅は続きます。

さきほど、札幌からお座敷列車に乗り込み、最北の街を目指します。

明日の朝7:19、稚内到着予定です。(てる)

no-title

DVC00544.jpg列車待ちしてます。

写真で大樹町でのようす

_DSC4702.jpg_DSC4710.jpg_DSC4716.jpg_DSC4717.jpg_DSC4500.jpg_DSC4501.jpg_DSC4502.jpg_DSC4506.jpg_DSC4513.jpg_DSC4515.jpg_DSC4517.jpg_DSC4522.jpg_DSC4523.jpg_DSC4524.jpg_DSC4529.jpg_DSC4534.jpg_DSC4536.jpg_DSC4546.jpg_DSC4548.jpg_DSC4554.jpg_DSC4564.jpg_DSC4566.jpg_DSC4570.jpg_DSC4571.jpg_DSC4595.jpg_DSC4607.jpg_DSC4608.jpg_DSC4617.jpg_DSC4624.jpg_DSC4631.jpg_DSC4634.jpg_DSC4658.jpg_DSC4672.jpg_DSC4677.jpg_DSC4683.jpg_DSC4689.jpg_DSC4691.jpg_DSC4696.jpg写真で大樹町でのようす
posted by ふくしまキッズ at 18:25| Comment(0) | 2011・夏(北海道)>大樹町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

no-title

DVC00091.jpgごはんを食べました。

no-title

DVC00033.jpgごはん前の説明です。

no-title

DVC00087.jpgごはんまでの待ち時間です。

no-title

DVC00084.jpg博物館にいます。

ML

ML
竹林 かほり

大沼発:A-4,B-4コース福島へ!A-5,B-5稚内へ!

ぽんた委員長です。
七飯町大沼:晴れです。

A-4,B-4コース福島へ向かいました。帰路です。終了式ひらめき
プリンスホテルの支配人さんも挨拶に来てくれました。
北海道でのびのび活動出来たこと!!みんなが来てくれたことで元気になりました。福島に帰っても滞在中の事を大切に頑張ってください。そしていつでもまた来てください・・・と

ぽんたからは、3週間、4週間良く乗り越えました。笑顔と元気パワーを福島に帰っても維持して、はねのけるくらいの力を充電できたと思います。
後半になって、ときどき厳しいことを言いました。でもそのことはきっと、厳しく言っても、子の子ども達なら理解してくれる。そう信じたからです。
みんな良く、乗り切ったと思います。
またみんなと会おうねわーい(嬉しい顔)
学生リーダーもご苦労様でした手(チョキ)って・・・
IMG_6995-2.jpg
IMG_6999-2.jpg
IMG_7001-2.jpg
バスに乗り込む子ども達は、学生リーダーとの別れ、そして稚内チームの子ども達とお別れ・・・涙もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)

お見送りも終わって、稚内チームもプリンスホテルを出発しましたバス
IMG_7004-2.jpg
稚内チームと学生リーダー達です。
P1040562-2.jpg
稚内引率責任者:伊藤輝之・・・その名の通り「ひらめきテルひらめき

活動の様子は、私からテルさんにバトンタッチです。

私は、本部ブログUPです。

ぽんた委員長+ボラセンスタッフは、本部移動の引っ越しです。
プリンスホテルから、流山温泉活動センターに移動です。これもけっこう大変です。

大樹校・学校ってすごいんです

弟子屈校での活動を終え、一団は十勝の大樹町を目指します。

10時に出て、ついたのは16時だから、実に6時間のドライブですね。
釧路湿原を抜け(途中にタンチョウがいたが、みんなは気づいたかなあ)、
海沿いの原野を抜けて、日本の穀倉庫・十勝を目指します。

ついたのは、こんな門構えの小学校です。

P8200339-s.JPG

畑のど真ん中、牛舎が隣にある、今年の3月まで普通に小学校として
使われていた施設です。なので、とってもきれいです。

とにかくグランドが広いです。中学生は部活と称して、ダッシュをしておりました。

P8190330-s.JPG

ミーティングスペースは、宿題スペースにする予定です。

P8200337-s.JPG

合宿なので、家庭科室でみんなで食事を作ります。

P8200336-s.JPG

体育館は、子どもたちにとってもうれしいスペースですね。

P8200338-s.JPG

しかし、今の子どもたちに一番の人気は、図書室と、ピアノです。

P8200334-s.JPG

あれだけ動きまわっていた子が、じっと黙って本を読んでます。
ピアノが上手に弾ける子の周りに、みんなが集まって、音楽を楽しんでいます。

そう、子どもたちはここまでどんどんと体を動かし、
いろんな人と会って楽しむという、
どちらかというとアアウトプットタイプの遊びをしてきました。
それはそれでとっても楽しいのですが、
そうすると、子どもたちの心は乾いたスポンジのように
より様々な刺激を欲するようになります。

そこに、「本」「音楽」という、
先人が作り上げた、文化、という「知恵の結晶」は
ものすごくしみ込む、というか、体に効く、というような気がするんですよね。

だから、よく「読書離れ」とか「音楽の授業はつまんない」とか
「理科離れ」っていうけど、
それってなんか、インプットの方法次第なんじゃないかなあ、
と感じたりしていました。

とにかく、学校って、実はものすご〜くよくできている、
本当に子どもたちのことを考え抜いて作られている、
ということが実感できました。

さて、この大樹校では、何が始まるんでしょうかね?

posted by ふくしまキッズ at 07:16| Comment(0) | 2011・夏(北海道)>むかわ町 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
//20111209追加 //20111209追加end
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。